水辺のアルバム。

シングル介護、そして、ひとり暮らし。

日常。

父の 四十九日法要を終え、納骨も済ませました。母のお骨が入った布袋に寄り添うように。母は独りお墓の中で3年半、きっと寂しかったことでしょう。母の元に送り届けることができ、ようやくホッとしました。

続きを読む

夢で会いたい。

明け方の夢にほんの一瞬、父が、おじいさんのまま登場。元気に走っている夢でした。「あっ」父だと思った瞬間、目が覚めてしまい。

続きを読む

選択と後悔。

心臓ペースメーカーの植込み手術をしてから半年余りで心筋梗塞で亡くなった父。手術を受けてよかったのか、もし受けない方を選択していれば?死期は早かったかもしれない。それでも、父は心筋梗塞の痛みに苦しむことはなかったんじゃないか。

続きを読む

死に場所難民。

『2030年には47万人が「死に場所難民」に! 病院でも家でも死ねない人が続出』(dot.ニュース)これ以上ゾッとすることがあるでしょうか?

続きを読む

母の気遣い。

100歳以上の方が全国で6万5千人余りおられるそう。父の89歳の誕生日に「100歳も目前やね」「がんばるわな」と話しをしたばかりだったのですが、叶いませんでした。

続きを読む

マイカーは生きがい。

来年3月施行の改正道路交通法で75歳以上のドライバーに義務付けられる認知症診断。認知症を発症していると診断されると免許は取り消しに。父の認知症診断と車のことで心を砕いたことが思い出されます。

続きを読む

気配。

3年前、母が亡くなったときは父の介護に追われていたのと、打ちひしがれている父がいて、私がいつまでも泣いている場合ではありませんでした。

続きを読む