水辺のアルバム。

シングル介護、そして、ひとり暮らし。

父の終活。

父は近づきつつある死を意識していた?自分の年齢の記憶はあやふやでしたが、やはり体力的に感じるところがあったのではないかと思えます。この半年ほど、父はよく感謝の言葉を私に言ってくれました。

続きを読む

日曜日が怖い。

毎週日曜日は父を訪ねていました。毎週、日曜日。日付けの認識が出来なくなった父が私の姿を見て、「ああ、今日は日曜日か。仕事休みやな」と気づいてくれるようにと。

続きを読む

後片付け。

父の満中陰が明けるまで、実家でひとり暮らし中です。葬儀を終え、市役所で介護保険証の返却など諸々の手続きも淡々と済みました。淡々と。

2年間お世話になったサービス付き高齢者住宅(サ高住)の片付けも終わりました。すでに父が使っていた車椅子も、ベッドも、引き上げられていました。リースですからね、仕方ありません。

続きを読む

父の旅立ち。

夏の終わり、大雨の日に父が旅立ちました。父の亡がらを見ても、小さなお骨箱を見ても、まだ実感がわきません。まだホームの部屋を訪ねれば会えるのではないか…。

父が緊急入院することになる日の明け方、夢をみました。父と母が並んで立っていました。その日は母の月命日でお墓まいりに行く予定をしていたので、私の意識がその夢を見せたのだろうと思っていたのですが。

続きを読む

要介護5の意味。

父の要介護認定結果が出ました。引き続き『要介護5』とのこと。介護度が高ければ、安定して手厚い介護サービスを受けてもらえる。安堵する反面、父は最も重い要介護5なのだ、それ以上の数値はないのだと思うと胸が痛みます。

続きを読む

ダブルレインボー。

f:id:dang_dang:20160825162504j:plain

月曜日の雨上がり、二重にかかる虹、ダブルレインボーに出会いました。(左側にうっすらと写っているのが分かりますか?)スピリチュアル的には幸運の前兆で『卒業』と『祝福』という意味を持つとか。

3日後の今日も特に変化はありませんが、楽しみにして過ごします。

罪悪感。

2年前の夏からサービス付き高齢者向け住宅に入居している父。二人して高熱でダウンし、「このままでは共倒れしてしまう」。1対1の在宅介護に限界を感じて決めた施設への入居でした。

続きを読む