水辺のアルバム。

シングル介護、そして、ひとり暮らし。

父の旅立ち。

夏の終わり、大雨の日に父が旅立ちました。父の亡がらを見ても、小さなお骨箱を見ても、まだ実感がわきません。まだホームの部屋を訪ねれば会えるのではないか…。

父が緊急入院することになる日の明け方、夢をみました。父と母が並んで立っていました。その日は母の月命日でお墓まいりに行く予定をしていたので、私の意識がその夢を見せたのだろうと思っていたのですが。

 お墓まいりをしているときにホームから連絡がはいり、危険な状態であると。お墓で眠る母に「まだ連れて行かないで」お願いしたのに。

病院に駆けつけたとき、父と一瞬でも視線を合わせて話すことができました。それから1日がんばりましたが、とうとう力尽きました。

微笑んでいました。母と3年4ヶ月ぶりに会えて嬉しかったのかな…。家族思いで優しい父でした。ありがとう。また会おうね。