水辺のアルバム。

シングル介護、そして、ひとり暮らし。

日曜日が怖い。

毎週日曜日は父を訪ねていました。毎週、日曜日。日付けの認識が出来なくなった父が私の姿を見て、「ああ、今日は日曜日か。仕事休みやな」と気づいてくれるようにと。

 父の容態が急変したのは日曜日でした。偶然かもしれません。でも、私には父が意識してくれたように思えるのです。何曜日でも駆けつけるのに。

父が亡くなった今、自分が作った習慣に苦しんでいます。日曜日、今ごろ父に会うために電車に乗ってた。父と一緒におやつ食べてた。「お夕飯の買い物に行ってくるね」と言ってホールで見送ってもらった時間だ…。

日曜日のたびにこんなに辛い思いをするのか。日曜日、新しい習慣を作らないとダメになってしまいそうです。